スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シーズン4 第6話 「glee部のグリース」

シーズン4 第6話「glee部のグリース」  


 「グリース」は大学のころ見て、それ以来ご無沙汰だった
んだけど、米国本土の放送分のネタばれを見て、gleeで
グリースをやるって知って、久々に借りて観てみたんだ。
 
 ストーリーこんなに陳腐だったっけ?とか、こんなに映像
古臭かったっけ?とちょっとガッカリしたんだけど、意外にも
次女にとってはどストライクだったようで、私が1回見て
ほったらかしにしてたら、返す日までに次女は3回くらい
見てました。
 
 おまけに年末年始の休みにDVD借りに行ったら、彼女の
選んだのは「グリース」と「ウェストサイド物語」。
 お前本当に5歳か?というセレクトでした。
 
 
 あ、話がそれたね。
 
 で、今回のepiね。ざっとあらすじ&直感的感想。
今朝4時半に起きて観たんだー。
 
 レイチェルはミュージカルのオーディションを受けようと
してて、ブロディにその話をする。さらにカサンドラ先生にも
受けるように勧める。お前、何様だ?
 
 カートはマッキンリーのミュージカルを見に行きたくて
レイチェルを誘う。それを聞いていたカサンドラが、自分の
マイルをあげるから行っておいでと背中を押す。
 つか、なんでNYADAの教室で2人でストレッチしてんの? 
 
 マーリーは毎日衣装がきつくなる。でもこれはキティの
仕業。奴はこっそり衣装を縮めて縫い直してる。そのくせ
マーリーに「デブ遺伝子のせいだからあとは吐くしかない」
と悪魔の助言をする。
 いくらなんでもそんな顕著な遺伝子ありえんだろ。
 冷静になれ、マーリー。
 
  
 ウェイドはリゾ役が両親にばれて出演できなくなる。
 代わりのリゾ役は…我らがビッチ、サンタナ姐さん。
 
 で、ミュージカル開幕~♪
 
 
 “Beauty School Dropout”
 超キュートなティーン・エンジェル版。
 目が超大きくて、マジ小鹿のようだわwww。
まつげ超長いし。(←かなり気になってる)
 カートと目が合ってたじろぐところがツボです。可愛い。
 

 
 こっちがオリジナル版。
年のいったティーン・エンジェルが若干気になる。
 
 それより何より驚くのは、シュガーのフレンチそっくりさかな。
 めっちゃくちゃ似てるよね!!
  


そんなこんな色々あって、ミュージカルのラスト。

 
“You’re The One That I Want”
 途中から、フィン&レイチェル、カート&ブレイン、
サンタナ&ブリタニー、マイク&ティナに代わる。
それぞれの空想の中でね。
 あーあ、カートとブレインのこんな笑顔で歌う姿、もう
見れないのかなぁ。
 
 
 つうか、やっぱこういうインパクトの強い曲では、ライダー
やマーリーだけでは歌い切れないよね。
 空想シーンとは言え、やっぱ元のメンバーを出してこないと
ボヤけてしまうんだと思った。だって、フィンとレイチェル
がこれ歌うと、良くも悪くも脳裏に焼きつくもんね。
 私はカート&ブレインの2人が踊ってるときの、ブレインの
動きがたまらなく好きだと思ったけど。
 
 で、ミュージカルは大成功に終わるんだけど、レイチェル
がブロディの携帯に電話すると、出たのはカサンドラ。
 週末レイチェルを帰省させといて、鬼の居ぬ間にブロディを
食っちゃったわけだ。そして「人生の厳しさを教えてやる」的
なカサンドラ。やるなー。恐ろしい女だ。 
  
 ショックで泣いてるレイチェルにフィンが話しかける。
 かなり気まずい感じで別れる。もうこの2人は終わったね。
 つうか、高校のころ散々別れたりくっついたりして、しかも
フィンがサンタナとやっちゃった後も結局ヨリを戻したり
したのに、こんなにあっけなく別れちゃうんだね。
 
 でも私は、ありうる話だと思った。
 
 15年近く前、スポーツジムの仲間で、すごいラブラブの
夫婦がいたのね。2人ともおしゃれですごく素敵な夫婦
だったんだけど、「お歳暮を贈るか贈らないか」という
些細なことがきっかけで、あれよあれよと別れてしまった。
 その時、25歳くらいだった私は、「男女はラブラブに
見えても、実は水面下で何かがすれ違っていると、ある日
超小さなことがきっかけであっという間に別れられる」
と勉強になったんだ。
そう、それは雪崩にも似てると思った。
 
 フィンとレイチェルも、高校の時は水面下でもピッタリ
合ってたから、色んな事件や問題があってもその土台が
揺るがなかったんだと思う。
 でもお互いの環境が変わり、レイチェル自身が変わり、
すれ違いが生じてしまった。土台が緩み始めた2人の関係は、
もうあと滑り落ちるしかなかったわけだ。
 
 あと、基本的にブレイン立場で見てしまう私は、カートと
話そうとするブレインが無視されちゃってるあたりが哀し
かったなぁ。
 そりゃ浮気したほうが絶対悪い!!悪いに決まってる!!
だけど、あの小鹿ちゃんだよ。あんなに哀しげなつぶらな
瞳で見られたら、かなりやばいよね。
 カートも、つらかったんだと思う。相当ね。許しちゃいたい
気持ちと、自分を大事にしてくれなかったという気持ち、
その両方で押しつぶされそうになってる感じが、結構
痛いほど伝わってきた気がする。

 世界中のカート&ブレインのファンが、かなり相当、マジで
落ち込んでると思うんだよね。
とにかく、彼らの仲が早く戻ればいいなぁって思います。
 
 epi自体としては、「グリース」のわりにはインパクトに
欠けるかな。
 やっぱ「ウェストサイド物語」のepiはかなり濃厚だった
もんね。メンバー的にも、仕方ないかなって思います。
 
 やべー、長くなりすぎた…(^^ゞ
 
05 | 2017/06 | 07
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

エビ蔵。

Author:エビ蔵。
gleeバカの独り言…と思って軽~く読み流してくださいませ~♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。