スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シーズン4 第9話 「勝負の時」

 シーズン4 第9話 「勝負の時」
  
 つうかさ、前々から気になってたんだけど、邦題、ちょっと
ダサくない?
 原題は“Swan song”だよね。
 
 これって、どういう意味?
 色々調べてみると、ハクチョウの歌であることは確実の様子。
ただし花鳥園とかでカルガモをいじめてる白鳥ではなく、
臨終の時を迎えたハクチョウらしい。
 
 ハクチョウっていうと、小学生のころ、干した茶がらを食べる
という情報を祖母がどこかから聞き出してきて、うちはよく
お茶を飲む家だったので、茶がらを干してある程度溜まったら、
新潟の瓢湖(ひょうこ)でハクチョウの世話をする、何とかさん
(名前忘れた)と言うおじさんに送ってたんだ。
 である日「ズームイン朝」を見てたら、瓢湖からの中継で
そのおじさんが出てたの。肩書きがなんと…町長さんだった!!
「なんとかのおじさんへ」とかいう手紙まで書いてたのに、私。
 瓢湖は今でもハクチョウが飛来するので有名な湖なんだけど、
完全にブログのテーマを無視した話題になっちゃったね。
 スミマセン。
 
 で、“Swan Song”は要するに、アーティストの生前最後の
作品
をいうらしいヨ。ハクチョウが死ぬ間際に鳴く声が最も
美しいという言い伝えから来たたとえらしい。
 
 つまり、ND&フィンにとっても、レイチェルにとっても
カートにとっても、
死に際にどう鳴くか=瀬戸際でどう出るか?
みたいな感じなのかなぁと勝手に思ったんですが。
 
 マーリーが倒れたことでNDはてんやわんやの大騒ぎして
いると、大会失格になってしまって、結局優勝はWarblersに
決まる。
 …やっぱり!!そりゃそうだわな。 
 
 NY組はと言うと、地区大会の結果を聞いて同情しながらも
自分たちはカルメン主宰の“冬の発表会”と、後期入学のオーディ
ションの話題で持ち切り。
 ND地区大会の話題なんかさー、テキトーじゃない?自分の
卒業した学校の、地区大会ですけどぉぉぉ!??? 
 いいんですかぁぁぁぁ!???

 
 なんとこのカルメンからの招待状を、レイチェルは受取る。
 
 スーはNDに追い打ちをかけるように、音楽室をチア部に占領
させる。この問題は校長室に持ち込まれるが校長もスーの意見を
認め、音楽室を引き渡させる。
 でもいざ音楽室を手に入れてみても、あまり心が満たされず、
同時にNDが心配になるスー。
 
 地区大会で敗退し音楽室を追われたことでNDはガックリ。
フィンがいくら慰めても、特に4年生のアーティたちは立ち直れ
ない。
 そりゃそうだよね。
でも密かに、「ブレイン、今こそWarblersに戻っちゃえ!」と
思ったのは私だけ?(だってあのブレザー姿見たいもん!!)

 
 レイチェルはまたいつものようにカサンドラに…ってあたり、
めっちゃうざいんですけど、端折っちゃって問題ないですよね???
 だって、私の意見だけど、2人でパフォーマンスした"All That Jazz”
カサンドラの方が圧倒的に魅力的だったもん。
 まぁ、レイチェルを標的にするカサンドラもカサンドラだし、
もうこの2人の戦いは結構どうでもいい気がします。
 
 カートは後期試験の前にカルメンのもとを訪ねるが、彼女に
「あなたは才能はあるけどうわべだけで魂がこもってない」と
指摘され、「セカンドチャンスは私が与える」と言われる。
 
 NDはそれぞれ新しい部活に入る。
 アーティはマーチングバンド。(これ超似合ってると思う!)
 ティナとブレインはチア。(出ました、ブレインのピチピチ
シャツ。しかも結構ツボ。)

 ジェイクとライダーはバスケ部(アメフトはどうした?)
 ユニークは室内ホッケー、ジョーはペイントボール。
 (もはやここまで来ると絶句…) 
 そんな彼らに絶望したフィンは、最後の説得を試み、次の
リハーサル時間を伝えるが、結局みんな帰ってしまう。
 
 カルメンの発表会では、レイチェルは大絶賛を浴びる。
 さらにカートがカルメンから指名を受け、みんなの前で歌う
ことになる。
 動揺するカートに対し、レイチェルは自分自身のために歌えば
いいじゃんとアドバイス。
 こういうときのレイチェルは的確な発言ができるいい子だ
よね。普段はホントに、マジ本当にうざいのに。

 
 で、カートはありのままをさらけ出し、スタオベを受ける。 
 
 発表会後、レイチェルはフィンに電話し、「勝てなくても
グリー部には歌と仲間を愛することに価値がある」とアドバイス。
 またもやレイチェルいいこと言う。
 
 そして講堂でフィンはみんなを待つが、来たのはマーリーだけ。
 フィンは最後にもう一度みんなにメールし、マーリーと中庭で
待っていると…みんなが集まってくる。
 
 この時の“Don’t Dream It’s Over” 

 いいねぇ。でもめちゃくちゃ寒そう。
 ブレインの深々とかぶったニット帽、ジェレマイヤーに告った
とき以来じゃない?結構ツボ…。眉毛ぼーん!だけどさ。
 
 
 トータル的に、私にはあんまり響かないepiでした。
 ブレイン出番少ないし、どうしてもフィンが気になっちゃって、
この時すでに悩んでいたのかなとか、薬物に頼っちゃってたの
かなとか、そんなことばかりが先に立っちゃって、見ていても
ちょっと気分が盛り上がらなかった。
 
 もともと音楽に疎い私は、レイチェルの歌った歌を知らない。
2曲目のは讃美歌にあるから知ってるけど。
 実はカートの歌も知らないんだ…カートの歌声は好きだけど。
小道具なんかなくても、サイなんか振り回さなくても素のままが
魅力的なのさ、君は。
 NYDA合格して良かったね。
 
 
 次回はいよいよクリスマスepiだね。カートとブレインの再会。
 来週も見逃せナイ!トバード!!(←結構気に入っている) 
glee-407-dynamic-duets-preview-videos-superheroes-fox.jpg

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

04 | 2017/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

エビ蔵。

Author:エビ蔵。
gleeバカの独り言…と思って軽~く読み流してくださいませ~♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。