スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シーズン4 第13話 “Diva” 

 長い間、“自分探し”で放置していたこのブログ。
 
 無気力で何をやってもうまくいかず、落ち込んだり考え込んだりで自分でも
驚きの荒んだ生活を送っていました。
 正直言ってKlaineの恋の行方も、NDのパフォも、見てもあまりビビッと
来るものがなく、毎週録画しても1回見てそれっきりになってました。
 
 そうこうしてるうちに、あんなにラブ♡だったブレインから、少し心が離れて
きて、最近夜勤もないので英語の自己満学習も滞り、このままglee離れしちゃうのか?
と思った矢先…
 
 
 エビ蔵。復活したのでありますよ。
 
 
 で、気持ちが軽くなってから改めてシーズン4を観てみると…
 
 ストーリー的には相変わらずあんまし面白くないけど、パフォは最高。
 やっぱりブレインらぶ♡だわ、私。ダレンらぶ♡。
 
 なので、その気持ちをKeepしてゆくためにも、やっぱレビューは書かなくちゃ
と思い立って、ここに再開を宣言します。
 
 話がずいぶん飛んでしまったんですが、“Diva”対決のepiです。
 
 
シーズン4 第13話 “Diva” 
 
 レイチェルは発表会以降、めちゃめちゃ天狗になってる。わがままに振る舞い、
取り巻きをはべらす彼女にカートはかなりイライラしてる。
 
 一方マッキンリーでは、フィンとエマが今のNDでは自信に満ちた態度が
足りないと感じ、Diva対決を持ちかける。
 

“Diva”

 私このパフォ大好き。
 だってブレインめちゃめちゃ格好良いじゃん。髪のくるん加減も絶妙にツボ。
 
 このブレイン、今の私の携帯の待ち受けにしています。
glee-diva.jpg
 
 そういえばずーっと前、MTVの「DIVA」の特集ライブみたいのをやってて、 
 ホスト役のアダム・ランバートが、まさに「DIVA」の時のブレインとおんなじ
赤いホワホワを着てました!
 「DIVA」の特集に赤のポワポワ。これって何かの衣装なわけ?
 
 
 
 カートはレイチェルの振る舞いにとうとうキレて、彼女にNYADAの
“真夜中の決闘”をつきつける。
 おう!カート!やってやれーやってやれー!ギャフンといわせてやれー!
 
 ブレインは風邪気味だけど、このDiva対決にはなんとしても優勝して
「男でもDivaになれる」ことを証明したい。
 
 で、 “Don't Stop Me Now”

 正直、はじめレイザーラモンかと思いますた。ごめんねブレイン。
 でも見てるうちにすぐさま惹きこまれてしまうのは、彼の魅力だよね。
          (…ってHGじゃなくてブレインのだよ…)
 声が出なくて裏声になる感じがかなり好きです。
あ、あとおなかのポッコリ加減も。
 
 この対決に、なぜかサンタナが乱入。ルイビル大学のチアを引き連れて
パフォーマンスし、さらに新しい彼女ができたとブリタニーの前で
キスして見せる。
 
 ブレインは風邪がひどくなってて、ティナはスープやら薬やらを差し入れる。
 2人はティナのパフォ曲を選ぶためにブレインの家へ。
 ブレインは自分がティナのために準備してきた案を披露するけど、風邪薬の
影響で無性に眠くなり、ベッドに横になる。
 Divaの共通点に「自分に正直である」ことを見つけたティナは、自分の
正直な気持ちをブレインに告白。気持ちだけでも通じ合えるような関係に
なりたいと、勇気を出していうけど…ブレインZzzzzzz。
 ティナは泣きながらブレインの胸にヴェポラップを塗り、寄り添う。
  このシーンはティナにとってはちょっと苦いよね…。報われない愛って
いうかさ、ティナ自身だってわかってるんだろうけどね…。
  
 このブレインなんだけど、お茶を運んできたとき、カーディガンの前が全開
なのと、下に着てるチェックのシャツの裾が出てたのが妙に気になった。
 ブレイン・ウォーブラーはシャツはインが基本でしょ?
上着はボタンを全部留めるのが基本でしょ?
なんかだらしなくて新鮮で、妙にドキドキしました。これだけでまた
妄想サイドへ行ってしまいそうです。
 
 NYでは、“真夜中の決闘”が行われる。
 “Bring Him Home”を熱唱するカートとレイチェル。
  
 結果は…
 
 …勝者はカート。
 
 
 風邪がすっかり治ったブレインだけど、ティナの気持ちにちっとも気付かず、
ティナの献身的な看病にも気づかず、ティナぶちきれ。
 
“Hung Up”をパフォる。
 この時のキティの運動神経には驚かされるねー。すごいよ、この子。
 
 で、このパフォでティナは見事Diva対決を制する。
 ブレインはティナに謝り、「君はこの学校で一番だい切な人だ」と言って、
ウィルの結婚式に一緒に行こうと誘う。2人は仲直りする。
   
 すっかり自信をなくしたレイチェルにカートが話をする。
 うぬぼれじゃなくて君は才能があるからだとかなんたらかんたら。
 
 エマは結婚式の準備で神経質になりすぎて取り乱し、フィンは彼女を
落ち着かせようとしてついキスしてしまう。
 あちゃー、この展開?でもこの2人妙に似合ってると思うのは私だけ?
 
 サンタナはブリトニーと会って話をする。
 スーの後釜になると言うサンタナに対し、もっと大きなことをするべきだと
アドバイスするブリ。いつもいいことを言うんだ。
 2人もまた、仲直りるす。ブリが去った後の舞台でサンタナが歌ったのが
“Girl On Fire”
 
 何度もいうけど、私は洋楽に疎いから全然わかんなかったんだけど、
MTVが好きな次女はイントロの段階で
「あ、これ知ってる。たぶんお父さんもお姉ちゃんも知ってるよ。」と。
 完全に私のことを馬鹿にしてくれちゃってるね。

 そしてサンタナ姐さん、NYのカート&レイチェル宅へ転がり込む。
 
 今回はパフォ的に見どころ満載でした。
 特に“Diva”は、フルコーラスのやつをYouTubeで落として、職場に行く
ときに歩きながら必ず聞いてるんだけど、朝からテンションあがる。
テンポも速いからすんごい早歩きになるんだ。おかげで早く着く。

 後々までやっぱり気になったのは、ブレインのおなかのポッコリ加減と
ブレインの部屋での彼の服装かな…。
 感想がしょうもなくてすみません。久々なので勘弁して下さい。
スポンサーサイト

シーズン4 第10話“Glee Actually”

シーズン4 第10話“Glee Actually” 
 
 毎年クリスマスepiはいいよね~♪ではネタバレ&レビューを…
 
 
 
 アーティは凍ったスロープで滑って転び、ちょっと破れかぶれ。
 そこにフィンが来て、彼を保健室に連れていく。アーティは
保健室のベッドで横になり、夢を見る。
 
 それはアーティが事故にあわず、車いすにならなかった時のこと。
 車いすではないのでフィンやパックたちとアメフト部に所属して
いる。ティナとも付き合ってないので彼女の吃音は治ってない。
カートは相変わらずアメフト部にいじめられていて、そのせいで
週に2回しか登校できず、留年してまだ高校に在籍。もちろん
ブレインとも出会ってない。
 あれ?じゃぁなんでフィンとパックもいるんだ?
 シュー先生はお酒におぼれてて、テリとも離婚しておらず、
偽装妊娠→偽装出産でまだ赤ちゃんが人形であると気づいてない。
 レイチェルは地味に図書室で働いてる。
 
 すべてアーティがgleeに入らなかった為にそうなったことだ、
君はglee部の接着剤なんだ、と守護天使ローリーに諭され、
アーティはみんなを集めて“Feliz Navidad”をパフォ。

  
 だけどみんなの心には伝わらない。
 パフォのあと、廊下に出ると車いすが。アーティのではなく、
普段から“ながらメール”の癖があったクインがメールで事故を
起こし、車いす生活になったのを悲観して自殺したという。
そこで目が覚めて、アーティは自分の境遇を受け入れる。
 
 こういう回想シーンとか、たまらなくgleeぽくて好き。
クインが自殺ってのはちょっと重すぎるけど…。

 
 一方NYでは、ゲイ・クルーズに出かけるレイチェルに対し
NYに残るというカート。
 そこへ来客が。出るとツリーを持ったバートがいる。
 
 ハメル親子は舞台を見て、2人でホットチョコレートを飲む。
 バートは自分が前立腺がんであることをカートに告白する。
しかし早期発見なので、必ず克服して見せると約束する。さらに
カートに「愛する人を絶対に手放さないようにしろ。」と助言する。
 家に帰った親子はクリスマスのプレゼント交換をする。カートから
バートへは、NYADAの帽子とTシャツ。そしてバートからは、
「大きすぎて持ってこられないから、ここへ行って受取れ。」
と住所を書いたメモを渡される。
 カートが行ってみると、そこはスケート場。
 突然名前を呼ばれ、振り返るとそこには…
 
 
 
 …ブレイン!!!
 「サプライズ!!」
じゃないだろう、アンタ。
 
 ブレインはバートの病気のことを知った上で、カートに「君のそば
にいるよ」と言う。そして2人のイベント(デュエット)のために
バートに連れてこられたと話し…
 “White Chirstmas”をデュエット。
 
 これ最高。マジ、4月の半ばにクリスマスソングだろうが、
静岡が25℃だろうが、いいもんはいい。ブレイン超格好いい。
 そつなくスイスイ滑るブレインに対して、ちょっと動きが硬い
カートも可愛いよね。
 パフォのあと、2人はいつまでも親友だと確かめ合う。
…それを韓国ドラマのように超近い後ろから見守るバート。
 カート、許せなかったんじゃなかったっけ?ハグとかしちゃって
いいんですか?うーん、それともブレインの笑顔を見たら、許せな
かったこととか、もうどうでもよくなっちゃったのかな。それなら
わかる気がするけど…。あの笑顔だもんね。髭も剃ってツルツルだし。

 
 ジェイクはパックに誘われてロサンゼルスへ。
 パックはハリウッドで成功しているところをジェイクに見せるが、
実は嘘。パックはただ寂しくて、ジェイクを誘っただけらしい。
 寂しがり屋のワル、パックらしいやり方だね。
410GleeActually2009-3382602912852363658.jpg
 つうか、なんでサイドカーだよ!?
  
 で、2人はライマに戻り、それぞれの母親を誘って4人で
クリスマスディナーをするんだけど、母親同士面識はないはず、
と思っていたら実は会ったことあって、険悪ムード。
 そりゃそうだ、腹違いの兄弟の、その母親同士だもんね。
 でも同じ亭主で泣かされた者同士、意外と話があって、2人は
うち解けてくる。それを見守るパック兄弟。
 うーん、これぞglee式クリスマスの醍醐味。
puckerman-women.jpg
 あ、こっちは息子たちを見守る母たち。
 
 サムとブリトニーのあたりは、わたし的には端折っても
いいかな、的な感じ。あんまり…だった。
 2人は12/21に世界が終るというマヤの終末を信じてて、
みんなに優しくすると同時に2人は結婚しようとするわけよ。
410GA352--4463564392773918762.jpg

 でビースト先生が一役買って結婚式の立ち会いを引き受ける
んだけど12/22も無事に迎えられて、2人は困惑する。
 そんな2人にビースト先生は、マヤはもう何百年も前に滅亡
していて、終末論はただの噂だと話し、終末論騒ぎで燃え尽きた
2人に、「でも次の終末は2014に来るらしい」と可愛い嘘を
つく。
 
 スーは職員のプレゼント交換のくじで、マーリーのお母さんへ
プレゼントを贈ることになる。
 はじめは文句タラタラなんだけど、遠くから(つか、ここでも
韓国ドラマのようにかなり目立つ所から)マーリー親子を見ていると、
マーリーんちは、マーリーの拒食症治療に金がかかって、今年は
クリスマスを祝えないという。そんな親子を見ながら、スーは、
何か心に響くものを感じるんだよね。
 こういうときのスー先生の顔って最高に好き♡
 で、マーリー家にクリスマスツリーとプレゼント、それから
治療費をこっそり置いてくる。
 プレゼントが、ベッキーが捨てたベネトンのセーターで、それを
マーリーが喜んでるのが可愛かった。
 
 
 
 プレゼントがスー先生によるものだと知ったマーリー親子は、
スーに感謝する。
 そしてマーリーから歌のプレゼント。
“Have Yourself A Merry Little Christmas”
 
  Glee部の歌に、パック兄弟、サム&ブリ、そしてブレイン
&カートの歌声も重なり、それぞれがささやかでとても素敵な
クリスマスを過ごす。
 これも、いい~♡ とろける~♡
 これを聞くと、大事な仲間が一緒にいられる幸せこそが、
普段気づかないけど最も大切な、そして大きな幸せなんじゃないか
って、つくづく思うのね。
 うちは貧乏で自転車操業で、何とか食ってってるって感じだけど、
誕生日や正月や、その他イベントごとに、本当にショボイけど
料理を作って、家族4人で迎えられることを、毎回幸せに感じる。
 お金が無いからこそそういうことが心に沁みるのかもしれない
けどね。
 
 で、今回の感想だけど…。
 うん、やっぱgleeらしいあったかい話っていいねぇ。
 ジーンときた。
 
 ただ、ブレインとカートがやけにあっさり仲直りしたのが若干気になる
んだけど…。ちがいますか?
 スケート場で、何事もなかったかのようにキラキラした笑顔で
カートに話しかけるブレインを見て、
「君は確か先々週のepiで、カートから電話をもらって泣いたよね?
あの電話のはじめにも、謝罪を言おうとしてたよね?それから2週
経っただけで、しかもグリース以来の再会なのに、そんなにキラキラ
した笑顔でいいのですかい?」
と思った私。
spl459806009--2445525309779093309.jpg
 
 …いや、忘れてた。彼は超天然ボンボンboyだったっけ…。
 でも天然もここまでくると、あ、いや、それ以上は言うまい。
愛するブレインのことを、あまりほじくり返すのはよくないわ。
 とにかく2人が仲直りできたんだから、それで良しとしよう。
 そんないい加減なブレインファンはダメですかね?
 「かっこいいからOK」じゃダメ?
 もっと深く考えた方がいい?

 いや、やっぱいい。
 それより私は、今回のブレインがやけに青ひげをきっちり剃ってて、
頬がツルツル、ピチピチなのがまぶしかった。

シーズン4 第9話 「勝負の時」

 シーズン4 第9話 「勝負の時」
  
 つうかさ、前々から気になってたんだけど、邦題、ちょっと
ダサくない?
 原題は“Swan song”だよね。
 
 これって、どういう意味?
 色々調べてみると、ハクチョウの歌であることは確実の様子。
ただし花鳥園とかでカルガモをいじめてる白鳥ではなく、
臨終の時を迎えたハクチョウらしい。
 
 ハクチョウっていうと、小学生のころ、干した茶がらを食べる
という情報を祖母がどこかから聞き出してきて、うちはよく
お茶を飲む家だったので、茶がらを干してある程度溜まったら、
新潟の瓢湖(ひょうこ)でハクチョウの世話をする、何とかさん
(名前忘れた)と言うおじさんに送ってたんだ。
 である日「ズームイン朝」を見てたら、瓢湖からの中継で
そのおじさんが出てたの。肩書きがなんと…町長さんだった!!
「なんとかのおじさんへ」とかいう手紙まで書いてたのに、私。
 瓢湖は今でもハクチョウが飛来するので有名な湖なんだけど、
完全にブログのテーマを無視した話題になっちゃったね。
 スミマセン。
 
 で、“Swan Song”は要するに、アーティストの生前最後の
作品
をいうらしいヨ。ハクチョウが死ぬ間際に鳴く声が最も
美しいという言い伝えから来たたとえらしい。
 
 つまり、ND&フィンにとっても、レイチェルにとっても
カートにとっても、
死に際にどう鳴くか=瀬戸際でどう出るか?
みたいな感じなのかなぁと勝手に思ったんですが。
 
 マーリーが倒れたことでNDはてんやわんやの大騒ぎして
いると、大会失格になってしまって、結局優勝はWarblersに
決まる。
 …やっぱり!!そりゃそうだわな。 
 
 NY組はと言うと、地区大会の結果を聞いて同情しながらも
自分たちはカルメン主宰の“冬の発表会”と、後期入学のオーディ
ションの話題で持ち切り。
 ND地区大会の話題なんかさー、テキトーじゃない?自分の
卒業した学校の、地区大会ですけどぉぉぉ!??? 
 いいんですかぁぁぁぁ!???

 
 なんとこのカルメンからの招待状を、レイチェルは受取る。
 
 スーはNDに追い打ちをかけるように、音楽室をチア部に占領
させる。この問題は校長室に持ち込まれるが校長もスーの意見を
認め、音楽室を引き渡させる。
 でもいざ音楽室を手に入れてみても、あまり心が満たされず、
同時にNDが心配になるスー。
 
 地区大会で敗退し音楽室を追われたことでNDはガックリ。
フィンがいくら慰めても、特に4年生のアーティたちは立ち直れ
ない。
 そりゃそうだよね。
でも密かに、「ブレイン、今こそWarblersに戻っちゃえ!」と
思ったのは私だけ?(だってあのブレザー姿見たいもん!!)

 
 レイチェルはまたいつものようにカサンドラに…ってあたり、
めっちゃうざいんですけど、端折っちゃって問題ないですよね???
 だって、私の意見だけど、2人でパフォーマンスした"All That Jazz”
カサンドラの方が圧倒的に魅力的だったもん。
 まぁ、レイチェルを標的にするカサンドラもカサンドラだし、
もうこの2人の戦いは結構どうでもいい気がします。
 
 カートは後期試験の前にカルメンのもとを訪ねるが、彼女に
「あなたは才能はあるけどうわべだけで魂がこもってない」と
指摘され、「セカンドチャンスは私が与える」と言われる。
 
 NDはそれぞれ新しい部活に入る。
 アーティはマーチングバンド。(これ超似合ってると思う!)
 ティナとブレインはチア。(出ました、ブレインのピチピチ
シャツ。しかも結構ツボ。)

 ジェイクとライダーはバスケ部(アメフトはどうした?)
 ユニークは室内ホッケー、ジョーはペイントボール。
 (もはやここまで来ると絶句…) 
 そんな彼らに絶望したフィンは、最後の説得を試み、次の
リハーサル時間を伝えるが、結局みんな帰ってしまう。
 
 カルメンの発表会では、レイチェルは大絶賛を浴びる。
 さらにカートがカルメンから指名を受け、みんなの前で歌う
ことになる。
 動揺するカートに対し、レイチェルは自分自身のために歌えば
いいじゃんとアドバイス。
 こういうときのレイチェルは的確な発言ができるいい子だ
よね。普段はホントに、マジ本当にうざいのに。

 
 で、カートはありのままをさらけ出し、スタオベを受ける。 
 
 発表会後、レイチェルはフィンに電話し、「勝てなくても
グリー部には歌と仲間を愛することに価値がある」とアドバイス。
 またもやレイチェルいいこと言う。
 
 そして講堂でフィンはみんなを待つが、来たのはマーリーだけ。
 フィンは最後にもう一度みんなにメールし、マーリーと中庭で
待っていると…みんなが集まってくる。
 
 この時の“Don’t Dream It’s Over” 

 いいねぇ。でもめちゃくちゃ寒そう。
 ブレインの深々とかぶったニット帽、ジェレマイヤーに告った
とき以来じゃない?結構ツボ…。眉毛ぼーん!だけどさ。
 
 
 トータル的に、私にはあんまり響かないepiでした。
 ブレイン出番少ないし、どうしてもフィンが気になっちゃって、
この時すでに悩んでいたのかなとか、薬物に頼っちゃってたの
かなとか、そんなことばかりが先に立っちゃって、見ていても
ちょっと気分が盛り上がらなかった。
 
 もともと音楽に疎い私は、レイチェルの歌った歌を知らない。
2曲目のは讃美歌にあるから知ってるけど。
 実はカートの歌も知らないんだ…カートの歌声は好きだけど。
小道具なんかなくても、サイなんか振り回さなくても素のままが
魅力的なのさ、君は。
 NYDA合格して良かったね。
 
 
 次回はいよいよクリスマスepiだね。カートとブレインの再会。
 来週も見逃せナイ!トバード!!(←結構気に入っている) 
glee-407-dynamic-duets-preview-videos-superheroes-fox.jpg

シーズン4 第8話 「母校に戻ろう!」

…もう、何回もエラーしたり操作ミスしたりで、すっかりアップが
遅くなりますた…。くっそー。自分の未熟さを呪う。
 
 …気を取り直して…

シーズン4 第8話 「母校に戻ろう!」
 
 冒頭から、クイン、メル、パック、サンタナ、マイク、フィン
が出てきて
"Homeward Bound"/"Home"をパフォ。

 まじ、このメンバー見てて安心する。
 私の中では、パックが最大安心要素。やっぱ30過ぎてっからか?

 
 感謝祭に、レイチェル&カート以外の卒業生メンバーが一堂に
集まる。
 フィンは彼らに、新メンバーの指導をマンツーマンで依頼する。
 組み合わせは、パックとジェイク、マイクとライダー、サンタナ
とマーリー、クインとキティ、そしてメルとウェイド。
 なんか似たもん同士くっついた感じ。でもメルとウェイドは
S3からの知り合いだから、ハグするのが当然なんだけど、なんか
可愛く感じた。

 
 カートとレイチェルは、感謝祭に帰省しないことで、自分たちが
夢を追って強くなったと確認している。
 つか、自分でそう感じたいってだけでしょ。
 別れた相手に会うのが気まずいから帰れないっていうことを、
夢を追うだの、強くなっただのと理屈をこねて否定するあたりは、
まだまだ若いのう、ウブだのう、と感じざるを得ないわね。
ま、40目前のオバハンの意見だけどね。

 
 レイチェルは、ブロッディがカサンドラと寝たことをめっちゃ
怒ってて、ブロッディに食ってかかるけど、ブロッディは
「約束を断って彼氏に会いに行った女の子が別れを告げて
くるのを察して、寝るのをやめろとでもいうのか?」
とクールに逆ギレ。
 そりゃあんたのいうこと、もっともだ。第一、この2人
付き合ってんの?



 それと前後して、女子先輩から後輩たちへ女子力アドバイス。
 クイン&サンタナ&ブリのパフォ"Come See About Me"
 
 さすが、ゴールデントリオだわ。
 
 ちなみにこれほどではないけど。

 これは私の中で、ある意味伝説だ。(お人形3人衆)



 んーで、悪童キティが色々と火種をまきちらし、ジェイクが
マーリーに迫ってるとクインに吹き込んで、クインはパッカー
マン兄弟を牽制。
 一方でマーリーはダイエットの為に下剤飲んでて体調が悪い
のを隠してて、でもそんなのサンタナ姐さんにはお見通し。
荷物検査されて下剤を見つけられてしまう。サンタナ姐さんは
ビッチの直感でそれがキティの企みによるものだと推測し、
クインに持ちかけるが、クインはそんなの言いがかりだ、私への
嫉妬をキティへの攻撃にすり替えてる、みたいな感じで言い返
されて、2人はビンタしあうほどの喧嘩に展開。
 キャー女の戦いってこわーーーっ!
 伝説のメンバーをなかたがいまでさせる恐ろしい女、キティ。
Glee3.jpg
 得意のニヤリッ顔( ̄ー ̄)ムカつく。
 
 
 
 カートはイザベラにブレインとのことを聞かれ、
「彼を許すことは出来ない。僕は前に進む。」
と言う。
 そんなカートにイザベラは
「前に進む方法は、彼を“許すこと”よ」
とアドバイス。
 う~ん、やるな、アンタ、最高にいいこと言う!!
私にも何かアドバイスくれよ!!(←意味不明)
 
 
 
 
 そして地区大会当日。
 
 Warblers2本立て。
“Wistle”

 この勝ち誇ったような馬面がムカつく。しかもメインのくせに
パッとしないし。
 でもこの曲は最高だ。Warblers万歳!!
 次女なんか、この曲が好きだからで口笛を吹けるようになりたい
と、練習してるくらい。
 
 

“Live While We're Young”

 こっちの方が最高。セバスチャン好きなんで♡
 なんかやけにべっとりなでつけた頭が若干気になるけど、これは
これでいいかもしんない♡
 つか、セバスチャンの声、かなり好きなんだよね♡(♡つけ過ぎか。)
 
 出番直前にブレインには電話が。相手はなななーんとカート!!
 許しを請おうとするブレインの話を遮り、カートは
「君のことばを信じようと思う。でも許すことはまだ
できそうにない。君が恋しい。クリスマスに話そう。」

という。
 それを聞いた時のブレインの泣きそうな顔がたまらなくツボ。
blaine-relieved.jpg
 やっぱり泣き顔大好き(←完全にS系?)
 
 カートの冗談に、久々に輝くような笑顔を見せてくれた
ブレイン。
tumblr_medxyoJdmY1qm6k2po1_500.jpg
(泣き顔の方が好きだけど)
 
 カートも、平静を装ってるけどかなり緊張してた様子で、
グリース見に行った時のやつれた感じと言い、やっぱ
カートはカートで死ぬほど悩んだんだね。そんな2人が
ほんの小さな1歩でも、踏み出せたような感じで、
よかったー。
 
  同じく出番直前にマーリーは下剤による体調不良と
緊張による寝不足で、絶不調な感じ。
 
 だけど本番の幕が上がる。
“Gangnam Style” 

 出たよ、出ちゃった。
 フィン君、「foreignerの曲を歌う」という発案はすばらしい
と思うよ。斬新だしノリがいい曲だしね。
 しかし、これは大会向きではないと思うのは私だけ?
 娘たちはめっちゃ歌ってるけどね。 「サナヘ~♪」とか言って
超ノリノリ♪♪♪
 
 しかも曲の最後にマーリーは疲労で倒れてしまう。
 
 実にお粗末だぞ!
ニューディレクションズの諸君!!

 絆もチームワークも完全に無視じゃないか!!
 ジェイクとライダーのコンビ愛を見習いたまえ!!
 
 これじゃ優勝はWarblersで決まりだな…。
 
 来週が見逃せナイ!ト・バード!! (←つまらん)
glee-407-dynamic-duets-preview-videos-superheroes-fox.jpg

シーズン4 第7話 「ウォブラーズの陰謀」

シーズン4 第7話 「ウォブラーズの陰謀」
 
 このepi、かなり好きかも♡
 まぁ、カートとのことでちょっと深刻さもあるけど、
久々にGlee特有の、やっぱコメディだわって安心できる面白さが
あって、なんかホント久々に、観てて心地よさを感じたわwww
 
 まず、冒頭に出てくるスーパーヒーロー部。
 校内の平和と秩序を守るために活動する部活らしい…。
 
glee_s4e7_superherocharge.jpg
 スーパーヒーロー部って部活自体がただでさえ解せないのに、
Gleeのメンツが主要メンバーってどういうことよ。
 しかも部長はナイトバードだし。(本名は言わない約束よ)
  
 アーティが来たときに「君の格好がミュータントのリーダー
だとしたら著作権の侵害だ」みたいなことをいうじゃん、
ああいうノリって大好き。
 

glee-407-dynamic-duets-preview-videos-superheroes-fox.jpg

 ここでナイトバードで妄想してみる。。。
 私の通勤用自転車がパンクして、そこへマントを翻し、
さっそうと現れるナイトバード。
そしてパンクを修理してくれる……うわぁ、ちょっと引くね。
 それなら私は歩いて通うわ…。

robbin blaine
 このヒーローよりはいいけど…。
 
 
 音楽室から、全国大会優勝のトロフィーが盗まれ、代わりに
謎のノートパソコンが置かれてる。
 ナイトバードが再生ボタンを押すと、顔にモザイクのかか
ったダルトン制服姿の謎の男が映ってて、
「トロフィーは頂いた。優勝もうちがもらう」
的なことを言う。
 
 で、ブレインは1人でダルトンに乗り込むんだけど…。
  
 ブレインinダルトンのシーンはかなり見ごたえありだと思う。

 ブレインがただダルトンにいるってだけでも必見なのに、
ダルトンのブレザー着て、しかもパフォしちゃうなんて、
こんなぜいたくなシーン、もうないと思うよ。
“Dark side”

 ケリクラさんは知ってるけど(“Stronger”の人でしょ)、
この曲は知らず。
 でも、なんかすごいいい歌詞~。
 ブレインが歌ってるってだけでも◎だけど、歌詞がさらにいい。
 
 自分の過ちで最も大切なものを失ったブレインは、ダーク
サイドに落ちてしまうの?それとも心の拠り所を見つけるの?
心の揺れが歌詞と重なって、切なくて、素敵。
 
 ブレインの「ブレザーを着たってぼくの心はマッキンリーだ」
から「え、ぼく、受け入れられてる?」→「ここでのパフォ、
なんか心地よい…」→「まさか、ぼくの居場所…?」
的な心境の
変化を見ていると、こっちまで
「だめだよ!そっちに行っちゃ!君はマッキンリーの一員だ!」
という気持ちと
「ダルトンの中心にいるブレインも見たいな…」
という期待でちょっと揺れ動いちゃったりして。
 
 パフォのあと、ブレザーを返そうとするブレインに
「Keep it」
と言った新キャプテンの言い方が、めっちゃおっさん臭かった
のが若干気になったんですど、まぁ、ここでは言うまい…ですか?
 
 私、実は制服とか作業服系に弱いんだよね…。
 だからシーズン3で初めてブレイン見たとき何も感じなかった
のに、ダルトンの制服着たブレインにコロッとヤラレちゃったん
だね…。
darkside.png
 やっぱりブレザー姿のブレインは素敵。久々に画面にキラキラが
見えた気がした。
  
 その後、ブレインがフィンと音楽室で話すシーンでは、
ブレインの鼻と口の距離が近いと思いました。時々あるよね。
 まぁキュートなのは変わらないけどね。
 
 で、悩んで悩んで、結局ブレインはダルトンに戻ることに
決めちゃうわけだ。
 
 それを聞いたサムがブレインを1日だけ引きとめて、
スーパーヒーロー部として校内活動する。
 ここで歌う“Heroes”がまたいい♪
 
 ブレインはこれで自分の居場所を見つけて、マッキンリーに
残るんだ。そんで、ブレインはサムとダルトンに潜入し、
トロフィーを奪還する。スーパーヒーローの姿で!!おいおい!!
 
 サムが優しいのもいいよね。
 シーズン2、3ではただのおバカ系だと思ってたけど、
いい奴だなぁって思った。後々ブレインはサムに惚れちゃう
めちゃくちゃな展開らしいけど、うーん、無理もないかも…。


 …あー、他にも新キャラたちのパフォもあったけど、まぁ
特記するほどではあるまい。この2曲に比べれば。
 ストーリー的には、ライダーとジェイクはマーリーを
取り合って争いになるんだけど、フィンが「自分の弱点を
お互い告白しろ」っつって、ジェイクは黒人と白人のハーフで
あることで居場所がないと話すのに対し、ライダーは字が
読めないことを話す。
 ジェイクはフィンにそれを相談して、フィンは特別支援専門の
教師を紹介して、失読症の改善トレーニングを始めるわけだ。
 ジェイクとライダーが仲良くなってくれてうれしい♪
 
c6684ece.jpg
 ライダーははじめラピュタのロボットにしか見えなかったけど、
なかなか爽やかでいい子だわぁ(オバサン的表現)。
 
 まそんな感じの話でした。
 重苦しい雰囲気が続いてただけに、久々に楽しめたepiでした。
 
 
 最後に…
 
tumblr_mb8o2jEDTk1qgrtn7.jpg
 浮気回想シーンでのブレインの後悔してる顔、好きだなぁ。
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

エビ蔵。

Author:エビ蔵。
gleeバカの独り言…と思って軽~く読み流してくださいませ~♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。